日本生理人類学会 ロゴ使用規程

令和3年1月1日制定

 

1.学会ロゴについて

日本生理人類学会ロゴマーク(以下「学会ロゴ」という)を以下に示します。



グラフィックデザイナーの村越愛作氏によるもので、ヒトが上を見上げるシルエットは、学会が目指す理念(人間の特性を真に解明し、これと矛盾しない方向へ科学技術を発展させる)をイメージしています。

学会ロゴのデータは、ai、pdf、jpg、png形式にて提供します(ダウンロードはこちらから)。なお表示色の指定はありません。

 

2. 権利

日本生理人類学会の学会ロゴに関する一切の権利は、一般社団法人日本生理人類学会に帰属します。

 

3. 使用範囲

学会ロゴの使用範囲は以下のとおりとします

(1)日本生理人類学会の活動における使用

年次大会、学会刊行物(英文誌、和文誌、PANews等)、研究部会、若手の会、資格認定、PAデザイン、学会ウェブサイト、その他の本学会主催事業

(2)日本生理人類学会の関連活動における使用 本学会が「共催」「協賛」「後援」する事業

(3)上記(1)(2)以外で、学会理事会が許可したもの

 

4. 使用申請

使用範囲(3)の場合、使用案件ごとに、申請者が事前に本学会事務局(jspa-post@bunken.co.jp)宛に以下の項目を申請して許可を受けるものとします。

・申請団体名(もしくは申請者名)

・代表者氏名(団体申請の場合)

・住所・電話番号

・使用目的(事業内容)

・掲載媒体

・使用期間

 

5. 注意事項

・学会ロゴで認められている形状は、ここに掲載されているもののみとします。この形状を変更、歪曲化すること、一部分のみの使用を禁止します。

・サイズの拡大・縮小は可、縦横比の変更は禁止します。

・拡大・縮小にあたっては、学会ロゴに含まれるすべての文字部分が判読できるように表示するものとします。

・他のデザインと同時に用いる場合、他の文字やデザインと重ならないよう一定間隔を保って使用してください。

・学会ロゴの転用、および再配布は禁止します。

・学会ロゴを使用する申請者が、事業内容についての全責任を負うものとし、学会ロゴの使用にあたって本学会は何らの責任を負いません。

・後日、使用条件等に合致しないこと、学会の利益を損なうことが明らかになった場合には、学会ロゴの使用の取消しを行うことがあります。そのために損害が生じることがあっても、本学会は何らの責任を負いません。

 

以上