データサイエンス研究部会

設立趣旨

ヒトの生理機構は物理的/化学的な構造を仮定することが難しく、解析にあたっては数理的にその構造を推論するデータサイエンスの手法が重要となる。同分野でも様々な解析手法の研究が行われており、それら最新の知見を導入することで、生理人類学分野の研究にも新たな知見を得られる可能性がある。 またデータサイエンス分野の立場では、ヒトの生理反応に関わるデータについて議論を行うことで、新たな数理手法開発のきっかけとなる可能性もある。 本研究部会ではこのような背景からデータサイエンス分野における最新の解析モデルなどの共有を図るのと同時に,生理人類学とデータサイエンスの高度な連携を行い、両領域の研究者の交流・議論を深めることを目的とする。

事務局

部会長:大草孝介(横浜市立大学)

E-mail:k.okusa@@gmail.com

(@@をひとつにして下さい)

副部会長:元村祐貴(九州大学)

お知らせ

過去の活動記録はありません。

PageTop Top of this page

calender
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ispa
information

<事務局>

〒162-0801
東京都新宿区山吹町358-5

アカデミーセンター
一般社団法人 日本生理人類学会 事務局

電話 03-6824-9369
Fax 03-5227-8631

E-mail:
jspa-post@as.bunken.co.jp