calender
7月 2020
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031EC
ispa
information

<事務局>

〒169-0801
東京都新宿区山吹町358-5

アカデミーセンター
日本生理人類学会
事務局

電話 03-6824-9369
Fax 03-5227-8631

E-mail:
jspa-post@bunken.co.jp

会長挨拶

2019年11月20日更新

日本生理人類学会会長 安河内 朗

Dr Yasukouchi 

 

 昨年、日本生理人類学会は40周年およびその記念行事を無事に終えることができました。会員の皆さんのご支援とご協力のお陰です。心から感謝申し上げます。そして来年、2020年4月1日、本学会は一般社団法人として新たなスタートをきります。従来の任意団体から法人法に則った組織になることで、これまで以上に社会的信用のもとでさまざまな学術活動を展開してまいります。法人となっても会員の皆さんが年次大会やその他の学術集会に参加するといった権利はこれまでと変わりありません。学会組織の体制や運営に関する基本的な規則である定款や諸規程は、許される範囲でできるだけ従来の会則に沿ったものになっています。最も異なる点は、総会の構成員が法人上の社員になることです。本学会では正会員の中から選挙で選ばれた代議員を社員とします。ですから現在の評議員に相当するものが代議員となり、評議員会に相当するものが社員総会になります。この総会が学会の最高意思決定機関となるわけです。

 さて、学会の50周年に向けて来年度から諸行事もより柔軟性あるものに変更していきます。年次大会は従来の2回から敢えて1回にします。その代わり土日の2日間の大会に金曜日の1日を加えることでより充実かつ変化に富んだ学術行事にします。また年次大会以外では、さまざまな研究部会、セミナー、ワークショップなどの交流会が1年を通して開催されます。交流会の体裁や内容も会員の皆さまからの要望に応えられる仕組みも検討しています。

 日本語による情報の発信元である和文誌とPANewsは来年度から冊子体をなくします。和文誌はこれまで通りJ-STAGEによるオープンアクセスとして公開を続けますが、投稿料は少し安くなります。PANewsはすでに本年9月号からホームページ上で公開されています。英文誌はご存じのように2012年からBMC(Springer Nature社)からオープンアクセス化されています。英文誌のインパクトファクターは1.743(2019年6月公表)ですが、現時点の予測値から来年の公表時には当分の目標である2に達する勢いです。和文誌、PANews、英文誌ともども皆さまからの投稿をお待ちしています。

 来年の5月23-24日には長崎大学文教キャンパスで田井村大会長のもとで第81回大会が開催されます。前述のように22日(金)には現在複数の学術企画が準備されています。当大会中の総会では、任意団体から法人への会員と財産の移行が行われ、ここから法人としての体裁が完全に整うことになります。年次大会以外の諸行事については、逐次ホームページ上に掲載されますので注意してご覧ください。国際生理人類学会議は、本年9月、第14回大会がシンガポール国立大学のFook Tim Chew先生のもとで開催され、8カ国約160名の参加で大盛況のうちに終えました。次回は2021年、Josh Snodgrass先生のもとでオレゴン大学(Eugene)において開催の予定です。

 本学会は、会員の皆さんが楽しく学術の交流ができるようさまざまな企画を実施していきたいと考えています。そのためにも皆さんから忌憚のないご意見、ご提案を頂きたく、どうぞよろしくお願い申し上げます。

PageTopTop of this page