calender
7月 2017
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31EC
ispa
information

<事務局>

〒169-0801
東京都新宿区山吹町358-5

アカデミーセンター
日本生理人類学会
事務局

電話 03-5389-6218
Fax 03-3368-2822

E-mail:
jspa-post@bunken.co.jp

日本生理人類学会各賞 歴代受賞者一覧

国際時實生理人類学賞

生理人類学の研究発展に特に顕著な貢献をした個人を対象とした賞

organizations

2012年度 佐藤方彦
2015年度 Hans W Jürgens

organizations

PageTopTop of this page

功績賞

 

 

生理人類学の研究発展に特に顕著な貢献をした個人を対象とした賞

organizations

2014年度 飯塚幸子, 石井 勝, 大野静枝, 片岡洵子, 加地正郎, 菊池安行, 竹本泰一郎, 田中正敏, 田村照子, 中根芳一, 吉田敬一
2015年度 早弓 惇,藤野武彦,矢永尚士

organizations

学会賞

生理人類学会の発展に特に貢献した個人を対象とした賞

organizations

1993年度 吉田敬一
1994年度 加地正郎
1996年度 登倉尋實
1997年度 飯塚幸子
1998年度 菊池安行
1999年度 大野静枝
2000年度 中根芳一
2001年度 田中正敏
2002年度 安河内朗
2003年度 赤松隆
2004年度 竹本泰一郎
2005年度 勝浦哲夫
2006年度 宮崎良文
2007年度 石井勝
2008年度 栃原裕
2009年度 宮野道雄
2010年度 横山真太郎
2011年度 古賀俊策
2012年度 曽根良昭
2014年度 原田 一
2015年度 岩永光一
2016年度 山崎和彦

organizations

PageTopTop of this page

論文大賞

本学会誌(英文誌、和文誌)に、特に優秀な論文を複数発表した個人を対象とした賞
(※2002年度までは論文賞として授与されています)

organizations

1994年度 綿貫茂喜
1995年度 安河内朗
1996年度 勝浦哲夫
1997年度 坂本和義
1998年度 森田健
2000年度 曽根良昭
2001年度 出村慎一
2002年度 永田瑞穂
2003年度 Sang-Kab Park
2012年度 Douglas E. Crews
2014年度 青柳 潔
2015年度 小林宏光
2016年度 藤原勝夫

organizations

優秀研究賞

生理人類学分野の発展に貢献した、学術的に影響力のある優れた生理人類学的な
研究を行っている個人を対象とした賞

organizations

2014年度 樋口重和
2016年度 工藤 奨

organizations

優秀論文賞

本学会誌(英文誌、和文誌)に掲載された論文の中で特に優秀とされる論文を対象とした賞
(※2007年度より、論文に対して授与されています)

organizations

2003年度 齋藤篤司
Nasser Koleini Mamaghani
2004年度 大石和代
2007年度 「多遺伝子座におけるSNP対立遺伝子の相互作用が及ぼすヒトの皮膚色の多様性について」
日本生理人類学会誌 第12巻1号, 1-10, 2007
安納住子, 阿部貴志, 西良浩一, 工藤奨, 山本卓志, 緒方是嗣, Vijay K. Goel 各氏
2008年度 「12週間の有酸素運動が運動習慣のない若年者の暑熱環境下の起立性循環調節反応に及ぼす影響」
日本生理人類学会誌 第13巻1号, 27-38, 2008
青木幹太, 石橋圭太, 前田享史, 樋口重和, 安河内朗 各氏
2009年度 「Cutaneous Vasodilation Response to a Linear Increase in Air Temperature from28℃ to 40℃ in Prepubertal Boys and Young Men」
Journal of PHYSIOLOGICAL ANTHROPOLOGY, Vol. 28 (2009) No. 3 pp. 137-144
Yoshimitsu Inoue, Tomoko Ichinose-Kuwahara, Syunichi Nakamura, Hiroyuki Ueda, Hidesi Yasumatsu, Narihiko Kondo, Tsutomu Araki
「頸随損傷者の常酸素・低酸素環境下における軽運動時の脳内酸素動態」
日本生理人類学会誌 第14巻4号, 157-162, 2009
田中利明, 山田陽介, 横山慶一, 安藤創一, 矢部京之助
2010年度 「Relationship between Quiet Standing Position and Perceptibility of Standing Position in the Anteroposterior Direction」
Journal of PHYSIOLOGICAL ANTHROPOLOGY, Vol. 29 (2010) No. 6 pp. 197-203
Katsuo Fujiwara, Hitoshi Asai, Naoe Kiyota and Aida Mammadova
2011年度 Effects of load and gradient on energy cost of running. Daijiro Abe, Yoshiyuki Fukuoka, Satoshi Muraki, Akira Yasukouchi, Yasushi Sakaguchi and Shigemitsu Niihata, Journal of PHYSIOLOGICAL ANTHROPOLOGY, Vol. 30, No. 4, pp.153-160, 2011
2012年度 Comparison of cardiovascular response to sinusoidal and constant lower body negative pressure with reference to very mild whole-body heating. Keita Ishibashi, Takafumi Maeda, Shigekazu Higuchi, Koichi Iwanaga and Akira Yasukouchi, Journal of PHYSIOLOGICAL ANTHROPOLOGY 31(30), 2012
2013年度 Association between alkaline phosphatase and hypertension in a rural Japanese population: The Nagasaki Islands study. Yuji Shimizu, Mio Nakazato, Takaharu Sekita, Koichiro Kadota, Hironori Yamasaki, Noboru Takamura, Kiyoshi Aoyagi, Yosuke Kusano, Takahiro Maeda, Journal of PHYSIOLOGICAL ANTHROPOLOGY 32(10), 2013
2014年度 Eva M Selhub, Alan C Logan, Alison C Bested, Fermented foods, microbiota, and mental health: ancient practice meets nutritional psychiatry. Journal of PHYSIOLOGICAL ANTHROPOLOGY 33:2, 2014
石橋圭太, 大高雅貴, 恒次祐子, 岩永光一. 正弦波下半身陰圧時の全身性の血液変動に対する前頭部NIRS信号の周波数特性. 日本生理人類学会誌 19巻4号, 215-223, 2014
竹内弥彦, 下村義弘, 大谷拓哉, 雄賀多聡, 三和真人. 高齢者の脊柱形態と静止立位中の体節別および全身重心動揺との関係. 日本生理人類学会誌 19巻1号, 1-6, 2014. 日本生理人類学会誌 19巻4号, 215-223, 2014
2015年度 Shingo Kitamura, Minori Enomoto, Yuichi Kamei, Naoko Inada, Aiko Moriwaki, Yoko Kamio and Kazuo Mishima: Association between delayed bedtime and sleep-related problems among community-dwelling 2-year-old children in Japan. J Physiol Anthropol. 34:12, 2015.
2016年度 Abe Yasuyo, Nishimura Takayuki, Arima Kazuhiko, Kanagae Mitsuo, Mizukami Satoshi, Tomita Yoshihito, Okabe Takuhiro, Goto Hisashi, Horiguchi Itsuko, Aoyagi Kiyoshi: Effect of self-reported walking difficulty on bone mass and bone resorption marker in Japanese people aged 40 years and over. J Physiol Anthropol. 35:25, 2016.

organizations

奨励賞

本学会誌(英文誌、和文誌)に掲載された論文の中で特に優秀とされる論文を発表した若手研究者を対象とした賞

organizations

1993年度 岩永光一
1996年度 Weigiang
1997年度 樋口重和
1998年度 水野一枝
1999年度 中西康人
2000年度 下村義弘
2001年度 佐藤進
2002年度 笠松慶子
2003年度 横井麻里
2004年度 堤有子
衛藤稚英子
2007年度 李貞美
劉欣欣
2008年度 李花子
2009年度 澁谷顕一
2010年度 津村有紀
2011年度 吉永尚紀
2012年度 崔 多美
Titis Wijayanto
西村貴孝
2013年度 土田幸恵
高倉潤也
李 相逸
2014年度 若林 斉
2015年度 小崎智照
元村祐貴
志村 恵
2016年度 大下和茂
八木崇行

organizations

PageTopTop of this page